デトランスαの使い方|顔汗に使うとやばい・・・

デトランスαの使い方|顔汗に使うとやばい・・・

 

 

 

脇汗やワキガ対策用の制汗剤として大人気のデトランスαですが、
脇以外の他の部分にも使えるのかどうか気になったことはありませんか?

 

特に夏の暑い日なんかは顔汗がだらだらでメイクが崩れちゃった・・・
なんて経験があると思いますが、そんなときデトランスαが使えたら便利ですよね。
なので
今回はデトランスαは顔から出る汗にも使えるのかどうかご紹介します! 

 

 顔汗に使うのはおすすめしない

 

 

 

脇汗、ワキガに効果を発揮するデトランスαですが、
顔汗に使うのはおすすめできません。

 

デトランスαには塩化アルミニウムという制汗成分が含まれていて、
その成分が汗腺の水と反応して汗をシャットアウトしてくれるふたを作ってくれるのですが、
その時に同時に酸を同時に生み出してしまいます。

 

口コミなどを見ているとかゆみ、肌が荒れたという人が少ないですが、いるのはそのためです。

 

顔は特に体の感覚器官が集中していて、とても敏感になっています。

 

ですのでデトランスαに顔には使ってはいけないと明確に説明されているわけではないですが、
肌の炎症が起こってしまう可能性があるのでおすすめできません。

 

 水に薄めれば使える?

 

Googleなどで調べると
デトランスαに含まれている塩化アルミニウムを薄めて、顔汗対策ができるような内容の記事もありますが、
先ほどのかゆみや肌荒れのことを考えても水で薄めて使うのもおすすめできません。

 

一度お医者さんに相談するべき

 

 

 

どうしても使いたい場合は一度お医者さんに相談してから使用することをおすすめします。
塩化アルミニウムは悪のようにとらえる人もいるかもしれませんが、
実は多汗症の治療にも使われている成分で医療的にも使われている成分です。

 

ですので塩化アルミニウムは使用方法を間違わなければ汗対策の強い味方になるので、
用途をしっかり守って使っていきましょう。

 

【使い方の関連記事】

 

デトランスαの効果的な使い方【画像付き】

デトランスαの脱毛後の使い方

デトランスαの妊娠中・授乳中の使用について