デトランスαの効果的な使い方|画像付きで解説!

デトランスαの効果的な使い方|画像付きで解説!

 



 

脇汗やワキガが止まると評判のデトランスαですが、
効果的な使い方は何なのか?おすすめな使い方は何なのか気になっている方もいらっしゃると思います。

 

できるだけ上手い使い方をしたいですよね('ω')ノ
ですので今回はデトランスαの効果的な使い方についてご紹介します。

 

デトランスαの正しい塗り方

 

 

 

 

デトランスαの正しい塗り方を簡単に紹介するとたったの3ステップです。

 

@お風呂で体を清潔にして、水分を取る
A夜寝る前に塗る
B朝起きたらふき取る
 
1日1回だけ塗る

 

 

夜寝る前に塗ったほうが良いのは
起きているときだと汗をかいてしまって、中々デトランスαが浸透しないので、
夜寝ているときにしっかりとデトランスαの成分を浸透させるためだからです。

 

朝起きたときにふきとるのも重要で、
デトランスαが服についてしまうと色落ちしてしまうので、
念のためふき取っておくかもしくはお風呂に入るなどしてしっかり洗い流すことがおすすめです。

 

デトランスαの効果的な塗り方

 

上の塗り方を守った上で私がしているデトランスαの塗り方について紹介します。

 

できるだけ使う量は少なめに

 

デトランスαは制汗効果が強い分、肌への刺激が強いです。
ですのでデトランスαを使用するとき気を付けているのは、
できるだけ使う量は少なめに塗っています。

 

実際に塗ってみると分かるのですが、普通肌の私が使う量を減らしてもまだ少しピリピリします。
ですのでデトランスαを使用するときは少しの量でも十分効果が実感できると思うので、
肌荒れなどを防ぐためにも使う量は少なめにすることをおすすめします。

 

脇のくぼみの下に塗るようにする

 

正直何を言っているのか分からないと思うので具体的に説明すると
私が塗るときこの画像の部分に中心的に塗るようにしています。

 

               

 

人によっても違うと思いますが、
多くの人は脇汗は脇のくぼみというよりくぼみの少し下から出るので、
デトランスαを塗るときはこの部分を中心的に塗っています。
 
この部分を中心的に塗ると使用量も減らせますし、
少しの量でも脇汗やワキガをしっかりと止めることができるので、
できるだけ脇汗にピンポイントに塗るのは効果的な使い方です。

 

効果が出てきたら塗る回数を減らしていく

 

デトランスαで効果がある程度出てきたら塗る回数を減らしていくのも効果的です。

 

デトランスαを毎日使用して1週間程度たってくると
だんだんと塗る回数を減らしていっても脇汗やワキガを自然と止まるようになってきます。

 

ですので少しでも長持ちさせるためにもデトランスαの効果が出てきたら使用頻度を少なくしていくことをおすすめします。