デトランスαの使用量|どのくらい塗るのがベスト?

デトランスαの使用量|どのくらい塗るのがベスト?

 

 

 

大人気のデオドラントのデトランスαですが、
実際に塗るときどのくらいの使用量がベストなのか悩みますよね。

 

多く塗ったらいいのか少なめの方が良いのか気になるポイントだと思います。

 

ですので今回はデトランスαのベストな使用量について私の体験も含めてご紹介します。

 

デトランスαの使用量とは

 

 

 

 

デトランスαは使用量としては一般の制汗剤より少なめに塗ることをおすすめします。

 

デトランスαは制汗効果はとても強いので、その分
肌への負担も大きいので、あまり塗りすぎてしまうとかゆみや肌荒れが起きてしまいます。
(私は普通肌程度で、毎回かゆみまでは行きませんが、ピリピリしたような感覚があります。)

 

ですのでデトランスαの使用量は基本的に少なめを意識して塗るようにしてみてください。

 

使用量の目安とは

 

できるだけ少なめに塗るって言ってもどれくらい?と思う方がいらっしゃると思うので紹介すると、

 

      

 

 

大体上の画像のようにデトランスαの先を脇のくぼみの下の部分に軽く当てるようなイメージで私は塗っています。

 

デトランスαをしっかり当ててしまうと液が出すぎてしまったりするので、
デトランスαの先に少し当てるようにすると液をほんとちょっとだけ塗ることができるのでおすすめです。

 

また人によって違うかもしれませんが、脇汗が出てくるのは脇のくぼみの下部分ぐらいから出ているので、
そこにピンポイントで塗るようにすると狭い範囲で脇汗が止まっているのを実感できました。

 

塗りにくい人はコットンを使うのもあり

 

私はわざわざコットンを用意するのがめんどくさいので上の方法で塗ってしまっていますが、
塗りにくい人は100均などで販売しているコットンを使うのもありだと思います。

 

コットンに一度デトランスαを出してから脇に広げればより少ない量で広範囲に塗ることができるので、
毎回液が出すぎちゃう、かゆみや肌荒れが起きてしまうという方は一度コットンを試してみるのも良いと思います。

 

 

デトランスα効かないという噂・・