デトランスαは脱毛後は危険!?|対処法まとめ

デトランスαは脱毛後は危険!?|対処法まとめ

03.jpg

 

 

口コミやレビューで脇汗、ワキガに効果があると評判のデトランスαですが、
脇毛処理をしてから塗るという方も多いと思います。

 

でも本当に塗っても安全なのか不安に感じるのは私だけでしょうか?
ですので今回はデトランスαは脱毛後には塗っても大丈夫なのか?危険なのか徹底調査してみました

 

脱毛後は肌が傷ついている

 

 

 

脱毛後やカミソリなどで毛を剃った後は肌の表面は目には見えないですが、
数ミリ程度ですが傷ついています。
肌の表面が傷ついているということは軽い炎症状態になっているということで、
細菌などが入りやすい状態になってしまっています。

 

 デトランスαを脱毛後に塗ると危険

 

ME_biz20160902385615_TP_V4.jpg

 

デトランスαを脱毛後に塗ると肌表面が傷ついて軽い炎症状態になっているので、
より染みやすくなります。

 

デトランスαは海外産で制汗効果が強力に作られている分、
肌への負担は大きい制汗剤です。

 

ですのでかゆみや肌荒れといった副作用が出てしまう恐れがあります。

 

脱毛後もそうですが、少しでも傷口や切り傷などがある場合も塗るのは控えておくのをおすすめします。

 

脱毛後最低48時間は待つ!

 

 

 

以上の理由から脱毛後はデトランスαを塗らない方が良いのですが、
どれくらい間隔を置けばいいのかというと、
公式の説明書には「脱毛後48時間使用は控えるように」 と書かれてありました。

 

少し長い気がしますが、傷ついた肌が回復するのには時間がかかりますので、

 

目安として脱毛後48時間は使用しないようにしましょう。